西日本豪雨被害

気持ちの良い青空が広がっています。

f:id:approach3801:20180711122411j:plain

豪雨の被害に見舞われている地域には考えられないところです。

晴れていても豪雨の被害というか河川の氾濫があるのですね。

f:id:approach3801:20180711125735j:plain

テレビの中は、とても悲惨な状況です。

今日、打ち合わせに行った郡山市内の現場も過去に3回、床上浸水の被害に遭っていると言っていました。

床上、65cmまで上がったとのことでした。

その度にリフォームを繰り返し、3回目には「新築そっくりさん」でリフォームしたそうです。

本当にたいへんなことです。

何もなければリフォームにお金を掛ける必要もないものを・・・

自然の力には驚かされ、人の力では敵いません。

f:id:approach3801:20180711125805j:plain

幸いに自分のところは高台で河川の心配はありません。

その代わりと言ってはなんですが、雷の通り道と言われるくらい、雷鳴が多いのです。

f:id:approach3801:20180711125821j:plain

昨日も近くに落ちたのではないかと思いました。

いずれにしても自然の力の前では人間は無力になってしまいます。

常日頃の心構えが大事と言いますが、その時になったらどうなのかと考えてしまいます。

自分だけは・・・まだ大丈夫と考えてしまうかもしれません。

出来る限り、災害の、被害の甚大さを忘れずに過ごすことが大切です。

時間が経てば忘れてしまうことがいちばん怖いことかもしれません。

忘れてはいけないのです。