崖条例・・・

二本松の現場が崖条例に当たるというので、2m以下の土留め工事が必要です。

f:id:approach3801:20171124164331j:plain

f:id:approach3801:20171124164347j:plain

30°ラインを超えているので削るか土留を作り30°以下の勾配に造成しなければ建築が出来ません。

f:id:approach3801:20171124164043p:plain

上記の図で示すように崖がある場合は、例えば前でも後ろでも横でも全部一緒です。

崖の勾配が30°を超える場合は崖を崩して30°以下にするか、その崖の高さの2倍の距離を崖から離して家を建てなければいけないという条例です。

 自分もハウスメーカーにいた時はこの条例で苦労したことが何度かありました。

 

速、現場で打ち合わせをしました。

竹やぶがすごいです。

でもこれは解体時に伐採するので大丈夫です。

高さは3~4m程度、勾配は40°程です。

崖地はお客様の土地ということでどうにでも動かせます。

土留め工事をやらずとも、掘削すれば高さを抑えて崖条例を回避出来そうな感じもあります。

かなり予算が縮小出来そうな気がします。

再度、竹の伐採後に検討となりました。